太ってしまった妻や夫を痩せさせる方法

2016-04-05_10h29_32結婚後にナイスバディだった妻や夫がブクブク醜く太りだし、いつの間にかジャバ・ザ・ハットにしか見えないなんて事になり、幻滅してしまう事って結構どこの家庭でもあると思います。

そんなジャバ・ザ・ハット化したパートナーにいきなり「痩せて!肉体改造して!」とどんなに訴えても、きっと相手は本気にはなってくれないでしょう。

たとえ、あなたの訴えに答えて相手がエクササイズを始めたとしても、その後に「運動後のご褒美」などと言って、ビールやアイスなどを貪ったりして、結局無駄な努力に終わるというのがよくある話です。

ここでは、どうすれば、あなたの妻や夫など、痩せて欲しい人が本気でダイエットに取り組むようになり、肉体改造に成功するのかを書いていきます。

相手が本気にならない理由はあなたが本気じゃないから

もう本当にこの一言に尽きます。あなたが本気じゃないんです。あなたが誰よりも怠け者だから相手は変わってくれないんです。

あなたは痩せて欲しい相手に「痩せて」と言うだけで、何も行動してません。でも痩せなきゃいけない本人はこれから地獄のような修行生活を送るのです。

あなたはズルいんですよ。そこまで相手が太るまで何もしてこなかったくせに、太った途端、痩せろというあなたはズルいんです。もしかしたら「私の作った料理残さず食べてね!」とか「せっかく買ってきたおみやげ、賞味期限前に全部食べてくれよ」とかそんな事言って、あなたが相手を太らせたかもしれないのにです。

あなたはそのダイエットしなきゃいけない本人以上に努力する必要があります。そうすれば自然と相手も痩せます。本気になります。

お前が本気になれよ!

相手を痩せさせるのは簡単です。あなたが面倒くさい部分を全部やってあげればいいんです。あなたが面倒臭がらなきゃ相手は痩せます。

たとえば、あなたが主婦で旦那をダイエットさせたいなら、あなたが太りずらい料理を毎日作れば良いわけです。買い物もお菓子の代わりにフルーツを買ったり、油をサラダ油からオリーブオイルに変えたりすれば良いわけですし、揚げ物も作るのをやめれば良いわけです。

逆に妻を痩せさせたいなら、男性であるあなたが今日から料理するんです。必死にダイエットレシピを調べて、あなたが毎日料理するんです。

そんな事はすでにやってるという人もまだまだ全然やる事やってないんです。だからパートナーが痩せないんです。

つまりあなたが全部代わりにやるんです

たとえば、ダイエットには、カロリー計算が付き物です。それを「カロリー計算して食べなさいよ」と相手に言っても無駄です。そんな七面倒臭い事を、ダイエットなんか本当はどうでもいいと思ってる本人がやるわけがないんです。

そうじゃなくて、あなたがやるんですよ、その七面倒臭い事全部。
あなたが、相手の食べてるもののカロリーを一つ一つチェックして、毎日ノートに記録するんです。

あなたが毎朝パートナーがよっこらしょと立ち上がった時に、さささっと体重計を持ってきて、乗ってもらって、それを毎日メモするんです。

あなたが、メジャーをもってきて、毎日ウエスト測ってあげて、あなたがそれを毎日メモするんです。

そして、それを元にあなたが献立を考えて、あなたが料理をして、相手を管理するんです。

そして、あなたが部屋の配置をわざと寝っ転がったりできないような配置にしたり、わざと立ち上がらないと物が取れない面倒な配置にしたり、

健康器具のTVショッピングのように、笑顔でさも楽しそうに毎日エクササイスするんです。私もやってみようかな。私もやってみたいなって思うように、あなたが相手にやって欲しいエクササイズを毎日やるんです。

うへぇ~(;´Д`)めんどせ~。。って思ったでしょ?そのクソ面倒くさい事を全部相手に押し付けて、「痩せなさいよ!ダイエットしなさいよ!」と言って、あなたは何もやらないってズルいんですよ。相手だって面倒くさいと思ってるから、やらないし、やっても続かないんですよ。

本気で痩せて欲しいなら、あなたが本気にならないでどうするんですか?あなたが怠けてるクセに相手を怠け者扱いして批難するのは、ズルいんですよ。

相手に本気になって欲しいなら、あなたがそれ以上に本気を見せなきゃ相手は絶対に痩せません。

痩せて欲しいなら、面倒な部分は全部あなたが背負うんです。あなたが全部管理するんです。面倒を見るんです。

私が妻を痩せさせた例

私はその昔、とてもケチでした。ドケチだった私は、妻に「フルーツ食べたいから買ってきて」と言われたにも関わらず、「お前いつもフルーツ買ってきても食べないで腐らせるじゃん。」と言って、代わりにクッキーやチョコなどを買ってました。理由はそれらのおやつは腐らないうえに、フルーツより安かったからです。

でもそうやってお金をケチった結果、妻はブクブク太っていきました。妻は低脂肪乳買ってきてと言うのに、私は「あれマズイから、普通の牛乳買うから」と言って、普通の牛乳を買ってました。そして料理も脂っこいものばかり私が作って、私が出してました。

私は太ってしまった妻がとても許せませんでした。でも実は私のケチが妻を太らせたのです。そして私の作った料理や私が買ったものが妻を太らせたのです。

もちろん私自身も太りましたが、私は自分が心から痩せて元通りになりたいと思ったので本気でダイエットしてすぐに痩せました。腹筋も6つに割れました。

でも妻は今までと一緒でした。妻は別に痩せなくてもいいやと思ってたからです。そして私も自分が痩せるために自分のカロリー計算などはしてましたが、妻のカロリー計算などはやってませんでした。妻の面倒を見てるほどの余裕がありませんでした。

ただもちろん口だけで「お前も痩せろ」と言っても、彼女はダイエットを本気でやってくれません。それは今まで書いてきた通り、口だけで彼女のために私はなんの努力もしてないからです。

ある日、私はそれに気付いて本気になりました。まず、ケチるのを一切やめました。油は全てオリーブオイルにしました。マヨネーズも捨てました。お菓子も捨てました。妻が知人からもらってきたお菓子は、勝手に捨てると怒るので、見えない所に隠しました。目に入ると人間食べたくなってしまうので、全て目に入らないように隠しました。

ご飯も玄米にして、炊いたらグラムで測ってラップで包んでおきました。
炊飯器にそのままご飯を入れておくと、妻は自分でガバッとよそって沢山食べてしまいます。なので、ラップに小分けにして「一回の食事で1個だけだぞ!その分、肉、野菜などのおかずを多めにするんだ」と厳しく制限しました。

買い物時も常にカロリーをチェックして、低カロリーなものや健康なものを選びました。
また、妻が外から帰ってくる時間帯に、部屋の物を全部どけてスペースを作り、帰ってきた瞬間にエクササイズビデオを流し始めました(ズンバみたいな奴)。そして私が毎日それを妻の前で汗だくになりながらやり始めました。

この時、妻も気軽に参加できるように、妻用のスペースもちゃんと作っておきました。すると何も言わなくても、エクササイズに参加するようになりました。

そして、毎日妻がシャワーに行くタイミングで、さささっとメジャーと体重計を持って近づき、ウェストと体脂肪をチェック、メモして、どう変化があるか確認しました。

また「ウェスト1cm減るたびに1万円あげるよ」という約束をしました。どんどん妻のダイエット魂に火が付きます。そして妻はついに痩せ始めました。

半年かかりましたが、妻は元通りの体型になりました。醜く出ていたぽっこりお腹も引っ込み、昔のようなスレンダーボディに戻りました。

周りと会う度に「痩せたね」と言われる上に、臨時収入まで入ってきた妻はホクホクなわけです。私も元の妻が戻ってきてとても嬉しいわけで、まさにWinWinな関係で痩せられたわけです。

私が変わったから妻は痩せた

私がお金をケチるのをやめ、そして私が妻を痩せさせる事に本気になって先に動いたから、妻も本気になったし、実際に痩せたわけです。

金銭的にも肉体的にも精神的にも何の痛みも自分は伴わず、相手にだけ「痛みを伴え!」というのはズルいわけです。そんなんで相手が変わってくれるわけがないのです。

自分が変わると周りも変わるんです。だから、相手に痩せて欲しいなら、あなたが本気出して面倒臭い事全部やるんです。

これはダイエットに限らずなんでもそうです。人を変える事は出来ませんが、自分が変わると周りの人も変わります。というわけで、今すぐ自分の行動を改めて、パートナーを元のナイスバディに戻してあげてくださいね。

(文/健康さん )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。