ハリウッド版ゴジラ2014は見ないと損!

先日、自分が加入している映画ストリーミングサイトで2014年ハリウッド版のゴジラがあったので、見てみました。

正直トレーラーを以前見た時は「ああ、またやっちまったな!1998年のハリウッド版と変わらなそう~」って思ってたんです。

きっとあなたがまだ見てないなら「どうせ、トカゲみたいなゴジラがアメリカ襲って、軍隊が応戦する映画でしょ!」って思ってると思うんです。いや、私もトレーラーを見た時、絶対その展開だと思ったんです。

全然違った(爆笑)!

あなたの中にある日本のゴジラのイメージってどんな感じですか?

ちゃんと2足歩行で、ギャイイィンって叫びながら、口からレーザーとか炎とか吐いて、他の怪獣やメカと戦うイメージだと思うんですよ。

それが、1998年にローランド・エメリッヒに作られたゴジラじゃ、ただのトカゲモンスターのジュラシックパークになっちゃってて全然おもしろくなかったし、ゴジラという名前を使う必要すらないくらい別物になっちゃってたわけです。

あのトラウマ(笑)が日本人の中にはきっと残ってて、「またかよ~」って食わず嫌いしてまだ2014年版ゴジラを見てない人って沢山いると思うんですよ、私もそうだったみたいに。

でもこのゴジラは日本のゴジラ!

そう、もうびっくりしたのが、開始から30分後位かな。変なね、ゴジラの巣(まゆ!?)みたいなのが出てきて、「おっ!ついにゴジラ登場か?ていうかこの巣小さくね?ゴジラそんな小さいの?嫌な予感するな~。大失敗の予感がするよ~。ああ~やっちまった~」って思ったんですよ。みんな見た奴は同じ事思ったはず!

で、出てきたのが、まさかね。。え、マジで(笑)。これはつまり。。。日本のゴジラ的な展開(ニヤニヤ)。

もうここからは良い意味でニヤニヤや爆笑が止まりませんでした(笑)。すっごい良い方向に裏切ってくれてるんです。あの「ゴジラがアメリカ荒らして軍が応戦」みたいなトレーラーはなんだったんですかと。

きっと監督の狙いもそれだったんじゃないかと思うんですよ。「お前らどうせローランド・エメリッヒみたいな偽ゴジラ作ると思ってんだろ!そう思って見に来やがれ!外人さんの特撮オタク魂見せたる!」みたいな感じであんなつまらなそうなトレーナーをわざと作ったんじゃないかと。

それこそ開始から20分間位は全然おもしろくないです。ベタなアメリカのファミリードラマを見てるような展開にゲンナリします。というか危うくベッドシーンに行きそうになります(爆)、ゴジラでそういうのいらねーよ!とツッコミを入れた所で、電話がかかってきて、回避となり、性欲発散しそこねてイライラな主人公がやっと出撃する当たりから面白くなってきます(爆:ほんとなんなんだろこの展開:汗)大丈夫、子供が見てもこれなら安心の映画です(笑)。

でも日本のゴジラシリーズだって、ゴジラ出てくるまでつまらないじゃないですか(爆)。

私は子供の頃、母に連れられてゴジラを毎回映画館で見てましたけど、ゴジラ出るまで毎回かあちゃん爆睡してましたからね(爆)。ギャイイィンっていう叫びで目覚して、見始めるみたいな(汗)。

いやでも、Breaking Badのおっちゃんも、渡辺謙もなかなか良い味出してますから楽しめます。

見た目もちゃんとゴジラ!

見た目もトレーラーだと「ありゃ、失敗か?」って感じたかもしれませんが、ちゃんとゴジラです。日本のゴジラのイメージがしっかり反映されてます。

え、レーザー吐くかって?もちろん背びれが白く光ってガバーっと出るあれ完全再現です(来たーー!ってガッツポーズしながら叫びたくなります:笑)!戦闘シーンでは「頑張れゴジラ―!」って童心に帰って本気で応援し始める事になりますし(子供がいるなら、ゴジラ負けちゃやだよ~って絶対に泣き出す!それくらい燃える!)、最後のレーザーの口移しで生首片手に咆哮とか、大爆笑しますよ(こんな事書くと見ずにはいられなくなるでしょ)

パシフィック・リムとクローバーフィールドか!?

あまりにもちゃんと怪獣映画してるんで、「もしかしてパシフィック・リムの監督じゃないよね!?」と思って調べたら、全然違う人でした。

確かにカメラワークが全然違うんですよ。どちらかというと、クローバーフィールドに近いカメラワーク。クローバーフィールド-HAKAISHA-というアメリカを襲う怪獣(宇宙人?)の映画が2008年にあって、これも私は大好きなんですが、クローバーフィールドは登場人物が持ってるビデオカメラ目線になってて、それがまた今までのモンスター映画とは写り方が違くて面白いんです。

今回のゴジラは、パシフィック・リムみたいなカメラワークもあるけど、どちらかというと人間の視界から見たゴジラっていうのが中心になってて、クローバーフィールド的なカメラワークが多かったです。

また主人公+親父(Breaking BadのWalter役の人)のアメリカ人的な視点でゴジラを追うストーリーと、渡辺謙の日本のゴジラファン的視点でゴジラを追うストーリーが交錯してるのもまた面白いなと。(まあストーリーに関しては、きっとゴジラファンの人は核のメッセージ性が違うとかいろいろ意見があるんでしょうけど。)

でも正直今回のゴジラ本体の出来がとても良かったので、噂通り本当にパシフィック・リムの続編にこのゴジラが出てくれたら、めちゃくちゃ面白いと思います。イェーガーとゴジラが戦うのを想像するともうヨダレが止まりません(笑)。

というわけで、トレーラー見ただけでゲンナリして食わず嫌いで見てないのは、本当にもったえないです。ぜひ2014年版ゴジラは見てみてくださいね。きっとあなたの期待を良い意味で裏切ってくれるはずです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。