苦しい生活が楽になるお金の使い方

あなたは今の生活が金銭的に苦しいと感じていますか?働けども働けども楽にならないという感じでしょうか?もちろんその原因は収入量にもよりますが、案外お金の使い方を間違ってるゆえに家計が苦しくなっているというパターンの方が多いです。

ここでは生活が楽になり、精神的にも安心した生活が送れるようになるお金の使い方をお話しします。

そもそも生活が苦しい状態ってどんな状態か?

家計が辛い、生活が苦しい状態って具体的にどんな状態でしょうか?

1つは「欲しい物があっても我慢して買うのを諦める日々がずっと続く状態」ではないでしょうか?

例えば「今夜は牛丼を作ろう!」と決めてスーパーに行くも「ねぎが今日は高いから、ねぎを入れないで作ろう」とか「卵がセールじゃないから、卵なしにしよう」とかそういう風に節約するためにいつも数十円単位で欲しいものを諦めてる状態だと思います。

もしくは子供に「これ買って」とせがまれても、いつも「ダメ」の一点張りで本当は買ってあげたいけど、買ってあげられない我慢させる状態が続いているとか。

そういう風に、いつも節約や我慢が第一になっている状態だと言えます。

じゃあ、なんで節約や我慢をしなければいけない状態になっているのか?

ようは、支払わなくてはいけない物が毎月決まってあるから、節約や我慢が必要になってくるわけですよね。

例えば、給料20万円のAさん、Bさんがいるとしましょう。

Aさんは家賃5万円の所に住んでるので、毎月15万円自由に使うお金があります。
Bさんは家賃15万円の所に住んでるので、毎月5万円しか自由に使えません。

Aさんのように毎月15万円の余裕があれば、貯金も出来るでしょうし、毎月外食したり、無理な節約をする必要もないと思います。つまり日々の生活が楽な状態です。

Bさんのように毎月5万円しか余裕がないのであれば、常に節約と我慢がつきまとってまさに生活が苦しい状態と言えるでしょう。

ようは、生活が苦しい状態とは、自由に使えるお金(余剰金)が毎月少ない状態の事を言ってるわけです。

じゃあなんで毎月自由に使えるお金が少ないのかというと、毎月課金されるサービスを沢山使ってるからです。

月額課金を減らせば生活は楽になる

先ほど家賃の例を出しましたが、ようは毎月の決まった支払い額が大きければ大きいほど生活は苦しいわけです。

家賃以外にも例えば、

・インターネットプロバイダ料金
・ケータイ使用料
・習い事や会員サービスなどの月謝
・高額商品のローン(車のローンなど)
・保険や税金

といった、毎月決まった支出があればあるほど、自由に使えるお金が少なくなるわけです。
例えば、電気代、水道代、ガス代、食費なども毎月同じようにかかるお金ですが、これらは節約すれば額を簡単に減らせます。しかし、家賃を含めた上記のようなサービスは沢山使おうがほとんど使わなかろうが同じ額が引かれます。

この毎月同じ額が引かれるサービスを沢山使えば使うほど、毎月使える自由なお金がどんどん減っていき、どんどん生活が苦しくなっていくわけです。

例えば家のローンなどでローン地獄になるのも、毎月の支払額が大きいから苦しくなってくるわけですよね。

変な話、毎月のローン支払額が100円で良いのなら、給料が減ったりしても全然家計は苦しくならないと思います。

月額課金は満足度が低いから苦しい

ジムなどは幽霊会員で経営が成り立っていると言われています。実際ジムなどは入会した時は「3kg痩せるぞ!6パックになるぞ!」みたいな目標を持っているので、毎日行くと思います。しかしその目標を達成してしまったり、達成しなくても飽きてくるとだんだん行く回数も減ってきますし、「毎月払ってるから行かなくちゃもったえない」という感覚になってきます。

「行きたい」と思ってたのが、いつの間にか「行かなくちゃ」になるわけです。

「〇〇したい」と思って払ってるお金は、自由な余剰金を好きな事に使ってるのと同じ状態ですから楽しいわけです。お金を払う事が楽しいわけです。つまり生活が楽なお金の使い方です。

逆に税金や保険のように、嫌々払ってる事は「しなければならない」と思って払ってるわけです。ジムなどのサービスもだんだん「行かなければ」と思いながら払ってるので、税金のように実際のとこ嫌々払ってる状態になり、生活が苦しく感じるわけです。

つまり月額課金制度で払ってるものって満足度が低いんです。

例えば、会員になると映画見放題になるサイトなどがありますが、こういうのも「見たい映画」が沢山ある時に入会すると思うんですね。

でも、見たい映画やドラマは先にバーっと見てしまうので、次の月からだんだん見るものがなくなってくると思うんです。でも惰性で「もしかしたら私が見たい例の映画も待ってれば入荷するかもな」などと考えて退会しなかったりすると思います。しかもそこのサイトに料金を支払ってるゆえに直接その見たい映画をDVDやHD動画で買ったりレンタルしようとは思わないわけです。

でもその映画が入ってくるまでは満足感がないのに料金を毎月払ってる事になります。

そういう風に月額課金のものというのは、満足してないのに払ってるケースが多いです。だから「満足度が低いサービス」にお金を払ってばかりいて、本当に欲しい物にお金が回せないので家計が苦しく感じるわけです。

月額課金を減らせば、生活は楽になる

つまり、月額で「満足度の低い物」に支払ってるお金を「本当に欲しい物」に使えるようになれば、生活は楽な状態になるわけです。

自分にあった料金プランを選び直す

例えば、インターネットプロバイダやケータイ料金なんかはまさに家計を圧迫している大きな要因なのではないでしょうか。最近は格安SIMなども出てきて、料金を下げるのは比較的簡単になっているはずです。

ケータイなどは特に2年縛りなどがあるので、今やめると違約金を払わなければならない。。という人も多いでしょう。
でも違約金を払ってでも辞めてしまった方がトータルで安く済むなら辞めてしまった方が良いでしょう。ようは月々の支払いが減れば、毎月自由に使えるお金が増えて、生活に余裕が出てくるわけですから。

例えば、違約金というのは、急な出費です。急な出費というのは、そんなに怖くない出費なんです。

急な出費は良い出費?!

例えば、あなたは知人が結婚するとの事で、急にご祝儀として数万円包む事になりました。でもあなたはその数万円の出費のせいで今の人生が台無しになったでしょうか?生活が苦しくなったでしょうか?「あの時、ご祝儀さえ払って無ければ、もっと楽な生活が出来たのに。。ちくしょう!」とご祝儀を払った事を悔やんだり、知人を恨んだりした事があるでしょうか?

正直無いと思うんです(笑)。だいたい急な出費って、払った事すら忘れて次の月からは普通の生活に戻ってると思うんですよ。急な出費って自然とカバーされるんです。その急な出費の後、自然と節約したり、引き寄せの法則でお金が別の場所から帰ってきたり(臨時収入があったり)して、なんだかんだでいつも大丈夫だと思うんですね。

もちろん急な出費の支払いがローンじゃそれは生活が苦しくなりますよ。実際に私の父も車の事故で車を買わなくてはいけない状態になり、その車のローンのせいで生活がとても苦しくなった時期がありました。

だからこそ、毎月継続でかかる出費を減らして、ぱっと一括で払う出費を増やしていく事が大事なんです。

最初に15万円の余剰金があるAさんと、5万円の余剰金があるBさんの例を出しましたが、5万円のBさんに急な出費があったら、まさに死活問題なわけですが、15万円のAさんに急な出費があっても「まあいいか」で払った次の日には払った事すら忘れて、楽な生活を続けられるわけです。

急は出費はどうせすぐ帰ってくるからいいんです。でも月額でかかる料金は嫌々払っている上にずっとのしかかってくるから苦しいんです。

だから、先ほど言ったように、プロバイダ料金やケータイ料金なんかは今生活が苦しいのなら違約金を払ってでも少額のプランに変えた方が良い訳です。

今違約金を払っても、来月には違約金の事なんて忘れてます。そして来月からは出費が減るので、生活に余裕が生まれます。その余った分を貯金すれば違約金分はすぐに取り返せるでしょうし、今まで我慢してた事に使えば生活が楽になったという実感が得れますよね。

ローンは悪いのか?

確かに家を一括で買うのは多くの人には無理だと思います。一括で払うためのお金を貯めてる間も家賃を払わなければいけないですから、家のローンは必要なものだと思います。

そして定年までに払い終えたいというのもあるでしょうから、毎月の支払いが高くなってしまうのも仕方ないと思います。

でも月額課金のものが家のローンだけなら、そんなに大きな痛手ではないはずです。他にも車のローンを払っていたり、ケータイ利用料など月額課金のものを沢山使ってるから苦しいわけです。

他の月額課金のものを使っておらず、家のローンだけでご飯もまともに食べられない位苦しい生活なら、それは月額で払う量を減らす(もしくは収入を増やす)必要があるでしょう。ローンなら月額で支払う量を減らせないか相談してみたり、借り換えしたりなどの方法があると思います。

毎月の決まった支払い額が減れば、急な出費にも一喜一憂イライラしなくてよくなりますから、家庭も円満になりますし心に余裕が出てきます。人間切羽詰まってる時ほど、うまくいかないものですよね。なので支払う額を減らせるなら減らして、そしてまた収入が増えてきたり、貯金が出来るようになってくれば、繰り上げ返済して、ローンを減らしていけば良いのではないでしょうか。

繰り返しますが、生活が苦しい原因は毎月の支払い額が収入に対して多すぎるからです。

毎月の収入毎月の支払い余剰金(生活の楽度合い)

なわけです。

だったら、たとえローンの支払い期間が伸びようとも、毎月の支払額を減らせば、とりあえず家族が喧嘩しないで済む程度の生活には出来ると思うんです。

たとえば、子供が出来てしまって、ローンの支払いがきつくなったとしたら、一時的に毎月の支払額を下げて、子供がある程度手がかからなくなった時に共働きなどして、収入を増やして、また支払額を上げるなり、繰り上げ返済するなりすれば、元のペースにも戻せますよね。

その他、車のローンなどがあるなら、車を売ってしまうなりすれば良いわけです。

本当に満足度が高い物にお金を使う

例えば、マイカーって本当に必要なものでしょうか?

私は車はローンで払うものではないと考えています。ローンで払う位なら、買うべきではないでしょう。なぜならこれは車に限らずですが、物には必ず維持費がかかります。

食べ物なら保管場所が必要ですし、冷蔵庫も必要になります。つまり電気代や場所代がかかります。調理すればガス代、水道代もかかります。

電化製品も買ったら、通信費や電気代、メンテナンス代、清掃代、処分費用がかかるわけです。

そして車はその中でも一番維持費がかかります。持ってるだけで保険、税金、車検代、駐車場代、使えばガソリン代にオイル交換、タイヤ交換とメンテナンス費用。

こんなに維持費がかかるものは、本来お金持ち、つまり車を一括で買える人のみが所有するべきものです。(まあ企業側としてはローンしてでも買ってもらわないと商売あがったりだと思うんで、買ってあげた方がいいんでしょうけど)

別にマイカーを所有してなくても、レンタカー、カーシェアなどを利用したり、通勤はバス、電車、普段の移動は自転車で、ちょっと遠い時はタクシーを利用したって良いわけです。

田舎住まいなら、タクシーよりマイカー持ちの方がお得でしょうが、都会住まいなら、タクシーやレンタカーを頻繁に使ってた方がよっぽどお得になる場合も多いと思います。

ようはバランス感が大事

例えば、私の父はずっと車を所有してますが、昔は一家4人で2Kのとても狭い家に住んでました。狭いオンボロの家が原因で家族の不満は絶えなかったですし、車のローンで夫婦喧嘩になる事もしばしばありました。

父の友人は同じく4人家族で車は持ってませんでしたが、大きな部屋に住んでいて、子供達も自分専用の部屋に沢山最新のゲームやおもちゃを持ってました。

どっちが幸せでしょうという話です。

ようは、バランス感が大事だと思うんです。

大きな家を持っていても、ローン支払いがきつくて、家族に節約を強いて、喧嘩が絶えないような家庭では幸せではないですよね。

でも沢山貯金があっても、家がすごく狭くて、買いたい物買えるお金があるのに、置く場所や使う場所がないから買えないんじゃ、やっぱり不満が溜まります。

だからバランス感がすごく大事だと思うんですね。

「本当にそれにお金を使う事で生活が楽になるのか?家族が幸せになるのか?」と考えて、満足度の高くなるお金の使い方をしてれば、生活は楽になるし、日々精神的に平穏な気持ちで生きていけますよね。ご祝儀のような臨時出費にだって、気持良く払えるはずです。

そして、その生活が楽な状態とは、毎月の決まった出費が少ない状態なわけです。

月額課金を減らして、生活をリフレッシュしよう!

というわけで、今まで話してきた通り、受け取る満足度に見合った料金を払っているか、月額課金のものをまずは見直してみてください。

例えばインターネットに光を使っているなら、ADSLやケーブルテレビなどに戻しても良いですよね。インターネットの速度が超高速でないとイライラしてしまうとか、一日中ネットしてる生活なら、インターネット・プロバイダにお金をかけて、他の部分を節約するのも正しい選択だと思いますが、僅かなスピードの違いは気にならないとか、そんなに使わないなら、別の容量制限ありの安いプランに変えた方が確実に良いですよね。

映画や海外ドラマなどのストリーミングの話もしましたが、そういうのも本当に見たいのがないのであれば、一度辞めて、見たい映画を個別に購入した方が満足度が高いわけですし、見たい映画がまたストリーミングに出てきた頃に再加入したって良いですよね。

月額課金のモノは、加入前に退会方法を必ずチェックする

ようは、会員制のものって、やめるともったえないとか、やめる手続きが面倒って感じるから惰性で辞めなかったりするわけですよね。

なので、加入する前からいつでもパッと退会できるように先に調べてから入るのが大事です。
辞めるにはどういう条件があるのか、どう解約するのか、解約した時に違約金はかかるのかなどをしっかり調べてEvernoteなどにメモっておくと良いですね。

そして、飽きたり、家計を圧迫してきたらスパっと辞めて、また加入したくなったら加入すれば良いわけです。

というわけで、

・月額課金のモノ(ローンも含めて)を見直し、毎月の決まった支出の量を減らす。

・バランスよく満足度の高いお金の使い方をする

この2つを頭に入れて、今使ってるモノをチェックし直してみてください。

PS.

まあ一番良いのは収入を増やす事です。今回のように出費をコントロールする事は大事ですが、ケチれと言ってるわけではありません

例えば、先ほど出てきた「牛丼に卵のせたいけど、卵がセールじゃないから我慢しよう」みたいなケチ我慢を無くして、ケチらない生活が出来るから生活が楽だな、自分は豊かだな、満たされてるなって感じれるわけです。

そしてケチってる人にはなかなかお金が入ってきません。お金は出すから入ってくるんです。これについては「得しようとする人ほど損してるお金の法則」という記事に詳しく書いてます。

例えば、月額出費を減らす事に極端に力を入れすぎて、インターネットが趣味なのに、ネットがいつも容量不足で使えなくなるんじゃ、それこそストレスが溜まって意味がありません。なので、あくまでバランスです。自分が幸せに感じる事にお金をバランス良く使って我慢を減らしていく事。そして払えるものは極力一括で払い、ローンや月額課金を使わない事、これがポイントです。

(文/道長 灯)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。