Windows explorerが強制終了する原因はPhoto viewerだ!

Windows10になってから、写真は「フォト」というWindows10のアプリが起動するようになってます。ただ私はこれあんまり好きじゃないんで、Windows7時代から入ってるPhoto Gallery と Windows photo viewer で写真を時々開いてたんです。

2016-05-06_11h54_35

で、Windows photo viewerやPhoto Galleryをデフォルトアプリに指定した途端、大惨事になりました。

写真を開く度にWindows explorerが強制終了するんです。つまり開いてたウィンドウが写真を開く度にバタバタっと閉じちゃうんです。

しまいにはフォルダを開いた瞬間に終了するようになってしまい(つまりフォルダが開けない)、Windowsが使い物にならない状態に(汗)。

Windows7時代にも頻繁にWindows explorerが突然強制終了する事がありました。
Windows10になって、それが無くなって喜んでたんですが、どうやらWindows photo viewerとPhoto Galleryは他のソフトウェアと相当相性が悪いようです。

例えば、Evernoteを開いてる時にPhoto GalleryやWindows photo viewerを使うと、必ずWindows explorerが強制終了します。Windows7時代はPhotoshopを使ってる時にこれらで写真を開くとPhotoshopがクラッシュしました。

つまり、これらのPhoto viewerにかなり問題(欠陥?)があるんだと思います。

というわけで、すぐにデフォルトアプリをWindows10標準の「フォト」に戻して再起動。そしたら嘘のように不具合は止まりました。

これからは写真を見る時は「フォト」を使うか、別メーカーのソフトなんかをインストールした方が良さそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。