iPhoneとAndroidどっち?それぞれの良い点を比較

今回、SamsungのGalaxy S7 edgeを手に入れる機会がありました。現在手元にはiPhone4、iPhone6、そしてS7 edgeがある状態です。

初めてAndroidを使ってみて、それぞれの良い点が浮き彫りになってきたので、感じた事を書いていきたいと思います。

IMG_2825

キーボードがめっちゃ打ちやすいAndroid

S7 edgeの標準キーボードなんですが、数字列があったりと、すごく使いやすいです。いちいち切り替えしなくても、欲しい文字が1画面に全部入ってる状態なので、苦もなくスムーズに文字打ちが出来ます。

Screenshot_20160512-124648Screenshot_20160512-124713
S7 edgeのキーボード。使いたい文字が1画面にあってとても良い

iPhoneも他社製キーボードが入れられるようになったので、同じように数字列付きのキーボードもありますが、今のところ日本語だとローマ字入力+数字列付きのキーボードがiPhoneにはないので、キーボードが多彩なAndroid、かなり良いなと思いました。Google日本語入力なんかもありますしね。

長文を画面で打ちたい人なんかにはやっぱりAndroidが一枚上手じゃないかと感じました。

iTunes+iCloudの偉大さを痛感

Androidでちょっと困ったのが、パソコン用の母艦ソフトがない事。まあGoogleはGmail, Googleカレンダー、Google Drive、Google photosなど、クラウド系は確かに強いんですけど、iTunesみたいなパソコンで管理できる母艦ソフトがないんですよね。

でもパソコンを母艦として使っている人には、やっぱりiTunesというiPhoneを一元管理できるソフトがあるってすごくありがたいんです。

音楽、ダウンロードした映画、動画、アプリ、iPhoneのバックアップなど、ほぼ全てiPhoneの情報を管理できるiTunesがあるってやっぱ便利です。例えば、iPhoneから削除したアプリもiTunesでパソコンに保存しておいて、あとでまた使いたくなった時にすぐ入れられたりするわけです。

Androidでも同じ事は出来るけど、それぞれ別のソフトをダウンロードして、管理する必要があり、結構面倒です。例えば、バックアップはSamsungとGoogleのを両方使って、写真の移動はDropboxで、音楽は。。。みたいな感じで、全部バラバラに探して、同じ環境にする必要があるのが結構面倒に感じました。

その点、ほぼ全部iTunes+iCloudの機能で、管理が網羅出来てるAppleすげぇと改めて痛感しました。

防水はやっぱ欲しいよね。

いつでもどこでも常に持ち歩くものだからこそ、防水機能欲しいです。その点、Androidは防水付きのスマホも結構あるのが良いですね。

過去2回iPhone6を防水ケースを使っていながら水没して交換になった私が言うから間違いない(笑)。

iPhone4は水没から米びつで復活して現在まで5年間も現役で動いてますが、iPhone6は即死亡しました。

ただ、Apple Storeで有料ながら交換してくれるAppleは太っ腹だなって思います。Androidではそうはいかないでしょうから。

でも防水はあるに越した事はないと思います。iPhone7にはいい加減付けて欲しい機能です。ただiPhone6sやSEの水没テスト動画では30分位付けててもちゃんと動いてるんで、裏では防水性能にしようと頑張ってる感もありますね。

例えば、Androidなら、水没させても、データがSDカードに保存されてるなら、復活できると思うんですよ。SDだけ抜き取ってPCに挿せば、たぶんSDのデータは大抵生きてると思うんです。

でもiPhoneはSD挿すとかも出来ないわけで、そういう意味ではもっと防水が必要な端末だと思うんですよね。

バックアップ体勢万全なiPhoneとカスタマイズ性のAndroid

Apple社のすごい所はそのバックアップ体勢だと思うんです。例えばiPhoneの機種変もiTunesかiCloudから「復元」でワンクリックで全部移し替えれるというのは本当にすごいですし、水没や画面割れがあっても、Apple storeのジーニアスバーに持っていけばその日のうちに交換もしてくれるし(有料ですが)、そのバックアップ体勢がすごいと思うんです。

もちろんAndroidも修理屋で修理は出来るでしょう。しかし、その日のうちにすぐにとはいかないわけです。その点、Appleにはすぐにその場で交換という荒業があるし、データが消えても、バックアップで即復元できる。この辺のバックアップ体勢が素晴らしいなと感じるわけです。

実際、私はiPhoneを旅行先のハワイで水没させてしまった時「ハワイの写真全部消えちゃった(泣)」と思ってたんですが、なんとフォトストリーム経由で保存されてて、あとで家に帰ってパソコン開いたら、パソコンのフォルダに壊れたiPhoneで撮ったハワイの写真が続々とダウンロードされ始めた事がありました。

しかも現地ハワイのApple Storeで端末交換してもらえましたので、水没の翌日には手元にiPhoneが復活してるわけです。これはすごい。

私はこの時は、iCloudのバックアップは使っておらず、パソコンにバックアップしてたので、連絡先などはすぐに同期出来ませんでしたが、iCloudの自動バックアップをしていれば、その場ですぐに壊れたiPhoneと同じ状態に戻す事も出来ますしね。この辺、ほんとすごいなと。

写真のバックアップに関しては最近はDropboxやGoogle photosなどでも出来るので、Androidでも全然できますがね。

ようは、iPhoneって壊れる事前提でAppleがサポートしてるわけです。そもそもJobsはケースなんか付けないでくれと言ってた位ですし、画面が割れたって、交換すればいいじゃないかという姿勢なんですよね。

確かに、ロレックスの時計やダイヤの指輪にカバーやプロテクターを付けたりしないですしね。そういう宝飾品感覚なんでしょうね。

かたや、Androidの素晴らしい所はやっぱりカスタマイズ性ですよね。iPhoneにはロック画面がいじれないだの、様々な制約があるため、「もっとこう出来たらいいのに!」という事が結構ありますが、Androidなら、それがほとんど出来てしまうというのがあります。機種によってはSDカードが挿せるとか、バッテリー出し入れ出来るとか、そういうメリットもありますね。

もともとコンピュータやガジェットが好きな人は、iPhoneだと段々不満が出てきて、Androidで自分だけのカスタマイズを楽しむという感じになってくると思います。まあiPhoneの場合脱獄という裏の手もありますが、そこまでするならAndroid使えば良いと思います(笑)。

カメラ性能は機種による

やっぱりスマホで大事なのは、カメラですよね。いかに素早く、暗い所でもブレず、素人でもプロっぽく綺麗に撮れるか。これが大事だと思います。

スマホカメラで素人でもカッコいい写真が撮れるようになってくると「もっと綺麗に撮りたい」とか「プロカメラマンみたく、背景だけぼかして、被写体だけクッキリにしたい」とかそういう欲求も出てくるわけです。iPhoneでも、被写体に思い切り接近すれば、背景がボケた写真も可能ですが、Galaxy S6,S7に付いてるボカシモードなんかは本当にすごくて、一眼レフみたいな写真が簡単に撮れたりします。

iPhoneはパノラマがすごく重宝してます。旅行先でパノラマで写真撮るのが楽しくて仕方ないです。まあ最近はパノラマもAndroidでも付いてるとは思いますが。

最近感じるのは、iPhoneの画素数をもう少し上げられればなぁという事。やっぱりすこし遠くのものを撮る時とかもう少し拡大できればいいのにって思う事結構あります。素人でも綺麗な写真が簡単に撮れるのがiPhoneの素晴らしい所だったわけなんですが、2016年現在では、iPhoneと同等のカメラ性能+多機能で画素数が上の機種もAndroidでいろいろ出てますので、iPhone=カメラがすごいの時代は終わった感がありますね(汗)。

確かにほんの2年位前なら、iPhoneカメラが圧倒的でした。例えばちょっと暗い室内で、他のスマホだとブレちゃう中、iPhoneだけちゃんとブレずにクッキリ撮れるとか、そういう素晴らしさがありましたが、今はそんな事ないです。カメラ性能だけで選ぶなら、Androidの方が上と言えますね。iPhone6sのライブフォトとか4K動画とか、なんか最近Appleは要らない機能に力入れちゃってる気がします(汗)。それよりも普通のカメラの能力を上げてくれと(汗)。

セキュリティの堅牢さではやっぱりAppleか

AppleはMacもそうですが、ウィルス対策とか、情報流出対策とか、そういうセキュリティ面が強いなっていつも思います。

例えば、アプリを作るにしても、Appleはそのアプリが安全かを先に精査するんで(そのせいでアプリを更新したい時も待たされるので、作る側は大変なわけだが)ウィルスなどの心配がかなり少ないっていうのがありますね。

逆にAndroidはWindowsと同じでウィルス感染の心配があるというのがあります。

Androidのようにカスタマイズはあんまり出来ないけど、その分、セキュリティが堅牢というのはiPhoneの強みだなって思います。

そんなわけで、iPhone、Android、それぞれ良い所が沢山あります。今はもうどちらも特に大きな開きはないという感じです。iPhoneの専売特許だった指紋認証もAndroid機に最近は付いてますし。

そうなってくると、本体の頑丈さやデザインのカッコよさなんかが今度は選ぶポイントになってくるのかなと。

私がiPhone6ですごく気に入ってる点として、ポケットに入れても邪魔にならない小気味よい大きさ、薄さ、オシャレでシンプルなデザイン、指紋認証、パノラマ写真、そしてやっぱりiTunesによるパソコンとの連携といった所です。

なんだかんだで、iTunesでパソコンと連携しやすいというのがiPhoneの大きな利点かなと思いました。

でも使ってるアプリで言ったら、ほとんどGoogle製の物(Google map, Gmailなど)。同じようなサービスはAppleにもありますが、それらが今ひとつなんですよね。これでもしGoogleがアプリをAndroidでしか開発しないなんて言い出した日には、私はAndroidに鞍替えするかもしれません。

でも今のところ、総合的なバランス感で言えばiPhoneいいなって思います。突出した性能を求めるなら、Androidですね。例えばカメラ性能だけならSonyとかSamsungの方が最近は上と感じますし、GmailなどのアプリでもAndroid版の方が細かく設定出来たりするわけです。

でも要らない機能を沢山搭載しても意味がないわけです。まさに日本の家電が売れなくなった理由ってそこじゃないですか。そんなの求めてないよっていう。

要らない機能をそぎ落として、デザイン製やシンプル製を追求してるのがiPhoneだったわけですが、正直iPhone6sは感圧タッチとかライブフォトとか4Kビデオとか、どれも要らない機能だと思います。それよりも防水とか、バッテリーとか、割れないガラスとか、一眼レフのような写真が撮れるとか、そういうとこ頑張ってよって最近思います(実際ガラス硬度や防水性はYoutubeのテスト動画などから見るに上がってるようです)。

iPhone7が一体どういう方向性に行くのかで、またAndroidとの比較が変わってくると思いますので、その辺が楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。