動画閲覧後にiPhoneの容量が突然減った時の対策

時折、私のiPhone6は空き容量が突然なくなるがあります。

しかし、写真やアプリの容量を総合計しても、本当なら最低でも2GBの空きはあるはずなのです。実際にPCのiTunesにつないで見ると、ちゃんと空き容量がある表示が出ます。

実は、この現象、ストリーミングで動画を見た後に出ます。

例えば、iTunesで映画などを買ったり、レンタルしたりして、それをストリーミングで見るとその後、2GB前後突然空き容量が減っているのです。

2016-03-16_23h29_18
294MBしか空き容量がない?!

ストリーミングですから、iPhone本体に映画をダウンロードしてるわけではないのですが、一時的にダウンロードしてるような状態だからなのか、なぜか空き容量が2GB~3GBほどドンと減るんです。

で、しばらくそのまま数日放置しておくと、その容量が戻ってたりするんですが、いつまで経っても戻らない時があります。

iTunesに同期しても、電源OFFで再起動しても直らない。。
でも元に戻す方法はあります。

空き容量を正しい表示に戻す方法

空き容量を正しい表示に戻すには、大きなデータをダウンロードするなり、空き容量表示以上の物をダウンロードすれば直ります。

例えば、空き容量が200MBしかない状態で、動画アプリなどで動画をダウンロードすれば、本来は「容量が足りません」と出て、ダウンロード出来ないですが、これが出来るわけです。なぜなら、実際は容量があり、表示がおかしいだけだからです。

だから、ダウンロードすれば、正しい表示に戻ります。

2016-03-16_23h29_182016-03-16_23h29_35

空き容量が294MBから2.0GBに戻りました。

iTunesから映画などを購入してるなら、それを一度ダウンロードして、容量をチェックし、容量が元通りに戻ったら、そのダウンロードをキャンセルするなり、ダウンロードした動画を削除するなりすれば、元通りの空き容量になります。

というわけで困ったらお試しあれ。(文/Haru )

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。