iPhoneで素人が綺麗に写真を撮るコツ

私は昔、デザインの専門学校に通っていた事があり、そこでカメラの使い方を習ったにも関わらず、写真を撮るのがとても下手です。

最近はiPhone6で写真を撮っているのですが、いつも妻に「下手くそだ」と野次られてました。しかし、最近iPhoneのカメラには実は得意分野な撮り方があり、その撮り方を使うと実に簡単にカッコイイ写真が撮れる事に気付きました。

というわけで、素人でもiPhoneを使って迫力のあるカッコイイ写真を撮る方法を紹介します。

*あくまで下手くそな素人が工夫するとちょっと良くなるよという話です。

iPhoneは接写にすごく強い!

iPhoneのカメラはとにかく接写が綺麗に映るように出来てます。例えば書類などをカシャッと撮る時も勝手にフォーカスしてくれて、スキャンのように綺麗に文字が読めますよね。そう、そうやって接近する写真に強いんです。

つまりiPhoneで綺麗なプロっぽい写真を撮りたかったら、とにかく限界ギリギリまで近づく事がポイントなんです。

例えば、下の写真。公園でモニュメントを撮ったものですが、なんか平凡ですよね。一応全体が写ってるけど、迫力も無ければ、なんにも感じない写真です。

IMG_3968

では、標的を絞って接近してみましょう。

IMG_3966

接近すると急に立体感が出ます。これがiPhoneのカメラの特徴なんです。

例えば、下の最初の写真(左)なんかは接近してますが、接近が足りないのと、標的を絞りきれてないのが原因で何を撮ってるのかすら伝わらずイマイチですが、次の写真(右)のようにさらに接近すると途端に立体感や物の質感がクッキリ出て迫力が増します。

IMG_3965IMG_3964

拡大して、切り抜いてもダメ!

「別に接近しなくても、拡大して、切り抜けば同じ写真になるじゃん!」と思うでしょ?私もそう思ってたんですが、拡大しても迫力が出ないんです。実際に接近しなきゃダメなんです!

上の写真を拡大して切り抜いても、下のように迫力のない写真になってしまうのです。

2016-04-03_18h16_44

背景も接近した方がより立体的になるんです。だから拡大ではなく、接近する必要があるんです。

ポイントは一点に絞って限界まで接近する事!

IMG_3390

例えば、上のiPhone6Sの広告の写真もどれもドアップですよね。そう、ドアップだと立体的で、きめ細かくて、迫力のある写真が撮れるのがiPhoneカメラなんです。

で、標的を1つに絞って、それに思い切りこれでもかって位近づいて撮ると、標的だけきめ細かく写って、バックは立体的になったり、ぼやけたりして、写真がかっこ良くなるんです。

IMG_4301

このソフトクリームの写真も思い切り近づけてます。そうする事で、先端は解けてる感覚が分かりますし、解けてない部分はしっかりざらつきまで写ってます。これがiPhoneカメラのすごい所だと思います。そしてバックはほんのりピンぼけするのがまたカッコイイですね。

動物もドアップで!

IMG_5022IMG_4987

動物も「噛みつかれる(汗)」って位ドアップの方が、毛並みなどもしっかり写って迫力ある写真が撮れます。

IMG_5131 IMG_5070 IMG_5080

全身を撮る場合も、真横からよりは、とにかく顔など一箇所に焦点を合わせる気持ちで撮った方が立体感のある写真になって、生き生き写りますね。

メインキャラに接近すると、立体的になる

IMG_3259 IMG_3260

人間を撮る場合も、やっぱり出来る限り近寄った方が、背景も勝手に立体的な感じが強調されて主役を引き立てるような構図になってくれます。

例えば、下の焼き肉を焼く写真も、普通に撮ると普通なのですが、

IMG_4124

焼き肉に標的を絞って、焼き肉に思いきり「熱ちぃよぉ」と思いながら近づき撮ると、こういったちょっと奥行きのある面白い写真が撮れます。

IMG_4120

というわけで、iPhoneで撮った写真がなんか印象に残らないイマイチな写真になってしまう場合はこの接写を心がけて撮るようにしてみてください。すぐにカッコイイ写真があなたも撮れるようになって、FacebookなんかにもどんどんUPしたくなっちゃいますよきっと(笑)。

(文/ Haru )

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。